聞く楽しみ · 2018/06/17
久しぶりに森永康夫さんのピアノ。 ご本人も、ホールのスタインウェイがいい音、と仰っていらしたが、いい音が響く心地よさをこちらも存分に味わいました。 演奏者がノってる姿を見るのも、大きな楽しみの一つです。 今日は少しいつもより聴衆多めだったかな? 7月12日(木)20時15分からNHKで尖方丈さんの活躍が放映され、檜ホールも紹介されるとのこと。...
聞く楽しみ · 2018/06/10
雨の日に、と題して、岡範子さんのソプラノと杉谷真知子さんのピアノ。雨の歌、曲色々。 岡範子さんの声はまるで絹のよう。明るくて温かくて。どの歌も良かったけれど、鎌田忠良作詞・中田喜直作曲の ”霧と話した” がしみじみ良いなあ、と思った。 童謡、唱歌、歌曲、みんなのうた、どれも日本語の宝だと思う。
聞く楽しみ · 2018/05/27
気持ちよーく、楽しく、小川道子さんのクラリネットと市川直子さんのピアノを聴きました!ほんと、柔らかくていい音! プーランクのクラリネットとピアノのためのソナタは初めてでしたが、面白い曲でした。 珍しくおまけの曲がついて、それがモンティのチャルダーシュ。指が飛ぶように動いて、速いこと速いこと。 聴衆15人位?...
聞く楽しみ · 2018/05/13
山口好美さんの明るいピアノの音色が響き渡りました。 折からの雨と母の日という記念日のせいか、大ホールでのピアノ演奏独り占め状態。勿体ない事です。
聞く楽しみ · 2018/05/06
本日の檜ホールは、小野唯さんのヴァイオリン。連休最終日でお天気も良く、聴衆は少なかったのですが、方丈さんの尖りさんを取材するNHKの撮影スタッフが入り、ホールで演奏中の唯さんも撮られました。いつ放映か分かりませんが、是非多くの人に知られるようになるといいなと思いました。...
聞く楽しみ · 2018/04/29
檜ホールデビューの生駒宗煌(いこま むねあき)さんのチェロ。 私は、冒頭の黛敏郎作曲 無伴奏チェロのための"BUNRAKU"が新鮮に感じました。三味線、邦楽のどこかで聞いたような旋律で、時代劇のバックに流れていたら、シャープで恰好いいなあという感じ。 これからチェロも聞けると思うと楽しみが増えました。...
木工 · 2018/04/18
東京に住む人から、三面鏡の修理を頼まれました。鏡面を留めている丁番が2か所壊れているので使えないとのこと。クロネコヤマトのらくらく家財宅配便で鏡の部分のみ送られてきました。仕事の依頼は殆ど近辺の人からなので、このように送られてくるのは初めてで、うちとしても、梱包や送料その他、とても参考になりました。...
聞く楽しみ · 2018/04/15
小野唯さんのヴァイオリンの豊かな音色が檜ホールに響き渡りました。 惚れ惚れするような、艶やかな音色!...
聞く楽しみ · 2018/04/01
山口好美さんのピアノ。大ホールで。 動物の謝肉祭全部を演奏して下さって、面白かった。よくあんな風に音で動物を描写できるんだなあ、サンサーンスは、と感心しました。 湯河原では武者行列のイベントがあり、天気も最高でみんな外にお出かけのせいか、聴衆少ない。桜の花散りかける中、俺様演奏会。 勿体ない、勿体ない。
3月は町立美術館を3度訪問!前回の倉橋元治展には2回、今日は地元の美術作家ゆるかわふう氏のギャラリートークと、”あしゃぎさん”の三線と沖縄民謡を聞きに、3回目。このクジラの作品を、湯河原真鶴アート散歩の出展として、ゆるかわさんの真っ暗けなアトリエで初めて見た時は、凄いな!と思いました。クジラに続き、象も鹿もパンダ等々あるのですが、今日は満月と桜の作品が展示されてありました。今晩は満月なんだそうです! 青白く浮かび上がるクジラを背景に、あしゃぎさんのペンペンという三線の演奏、そして細く高い声でゆっくり歌われる沖縄の歌。何とも言えずいい雰囲気でした。 and Gardenというのが、museum cafeの名前です。ギャラリートーク前に入ってコーヒー飲んで、私は秘伝豆のソフトクリームをペロリ。飲み食いに夢中で、足湯の存在を忘れていました。前回は午前10時開店と同時に入ったので足湯の湯は冷たかったのですが、午後になるとちゃんと熱くなるようです。次回は足湯に足を突っ込んで、十二庵さんのヘルシーな食事をほおばりたい。 そうそう、湯河原のスルガ銀行にも、足湯があるんでしたっけ。誰でも入れるらしいです。今度行ってみよう。

さらに表示する