聞く楽しみ · 2018/07/23
暑くて、行くのやめちゃおうかな・・・と思った。でも、来て良かった!生き返りました。 市川直子さんのピアノ。確かな演奏技術、力強く、メリハリのある演奏。殆ど引きこもり状態の夫も珍しく聞きに来て、”やっぱり生はいいなあ!” スタインウェイが今月一杯迄とのこと、ベーゼンドルファーになるのかしら。私はとっても好きだけど。
聞く楽しみ · 2018/07/09
山口好美さんの フランス近代音楽の作曲家たち 特集。 後半、好美さんの解説後、短い曲を数曲続けて演奏。ハチャトゥリアンとカバレフスキーの4曲を、私は、これ1曲目とかと数えていたのに、いつの間にか”虹の彼方に”に行ってしまっていて、あれ?ピエロ、トッカティーナって終わっちゃっていたのね、と思った。...
聞く楽しみ · 2018/07/03
久しぶり、永井李枝さんのピアノでドビュッシー。 喜びの島・・・これがあのドビュッシー?と思うような曲だった。煌めく宝石の粒をきっちり幅広に束ねて織った織物みたい。宝石を連ねる糸が切れて、そちこちに美しい音が散らばって漂っているような、頼りなげな曲とは大分違った。 本日は少し聴衆が多くて、レギュラー連は皆、喜んでいた。...
聞く楽しみ · 2018/06/24
市川直子さんのスクリャービン、そしてノリノリのボサノバ。 左手のための2つの小品、って、とても綺麗で抒情的で豊かだった。演奏を見ていなければ、あれが左手しか使わない曲だなんて思えない。当然両手でしょ、と思ってしまう。スクリャービンって、凄い作曲家なのね。...
聞く楽しみ · 2018/06/17
久しぶりに森永康夫さんのピアノ。 ご本人も、ホールのスタインウェイがいい音、と仰っていらしたが、いい音が響く心地よさをこちらも存分に味わいました。 演奏者がノってる姿を見るのも、大きな楽しみの一つです。 今日は少しいつもより聴衆多めだったかな? 7月12日(木)20時15分からNHKで尖方丈さんの活躍が放映され、檜ホールも紹介されるとのこと。...
聞く楽しみ · 2018/06/10
雨の日に、と題して、岡範子さんのソプラノと杉谷真知子さんのピアノ。雨の歌、曲色々。 岡範子さんの声はまるで絹のよう。明るくて温かくて。どの歌も良かったけれど、鎌田忠良作詞・中田喜直作曲の ”霧と話した” がしみじみ良いなあ、と思った。 童謡、唱歌、歌曲、みんなのうた、どれも日本語の宝だと思う。
聞く楽しみ · 2018/05/27
気持ちよーく、楽しく、小川道子さんのクラリネットと市川直子さんのピアノを聴きました!ほんと、柔らかくていい音! プーランクのクラリネットとピアノのためのソナタは初めてでしたが、面白い曲でした。 珍しくおまけの曲がついて、それがモンティのチャルダーシュ。指が飛ぶように動いて、速いこと速いこと。 聴衆15人位?...
聞く楽しみ · 2018/05/13
山口好美さんの明るいピアノの音色が響き渡りました。 折からの雨と母の日という記念日のせいか、大ホールでのピアノ演奏独り占め状態。勿体ない事です。
聞く楽しみ · 2018/05/06
本日の檜ホールは、小野唯さんのヴァイオリン。連休最終日でお天気も良く、聴衆は少なかったのですが、方丈さんの尖りさんを取材するNHKの撮影スタッフが入り、ホールで演奏中の唯さんも撮られました。いつ放映か分かりませんが、是非多くの人に知られるようになるといいなと思いました。...
聞く楽しみ · 2018/04/29
檜ホールデビューの生駒宗煌(いこま むねあき)さんのチェロ。 私は、冒頭の黛敏郎作曲 無伴奏チェロのための"BUNRAKU"が新鮮に感じました。三味線、邦楽のどこかで聞いたような旋律で、時代劇のバックに流れていたら、シャープで恰好いいなあという感じ。 これからチェロも聞けると思うと楽しみが増えました。...

さらに表示する